肉系おつまみ

【時短鶏ハム】寝かせない!放置するだけ簡単レシピ

こんにちは。たなか(@tanaka.note)です。

今日はおつまみにこそおすすめしたい!時短鶏ハムをご紹介します。

おつまみって出来ればサクっと作りたいですよね。なんなら飲みながら作りたい。
鶏ハムを作る工程自体は簡単なのですが、一晩とか寝かせないといけないのですぐ食べられないんですよね。

なので、寝かせるのは30分だけ!寝不足だけど美味しい!初心者でもできる鶏ハムを作りました。

鶏むね肉は生だと食中毒を起こす危険性が高いので、低温調理の際は特に注意が必要です。

『沸騰した鍋に入れて、火を消して放置』する方法でも、

・鶏肉の温度
・室温や季節
・鍋の大きさ
・鍋の材質や保温性
・お湯の量

冷蔵庫から取り出したての鶏肉、冬場で室温が低い、小さな鍋でお湯の量が少なくすぐ冷めるなど、状況によって鶏肉の中まで火が通らないことがあります。

必ず60~70℃の温度1時間程度加熱して下さい。
(生のまま30~40℃になると、食中毒の菌が活発になり危険)

茹で汁が冷めているようなら、お湯を足して65℃程度をキープして下さい。

時短鶏ハム 材料

・鶏むね肉 1枚
・砂糖 1/2くらい
・塩 適量
・ブラックペッパー お好み

時短鶏ハム 作り方

(1) 鶏肉は巻きやすいように観音開きにして厚みを均一にする。(皮はそのままでOK)

(2) フォークで両目にザクザク穴を開けて、塩と砂糖をすりこみ、ラップをかぶせて冷蔵庫30分寝かせる。


(3) 30分寝かせたら冷蔵庫から取り出し、ラップを敷いて皮目が下になるよう置いてくるくる巻く。きつめにラップで巻いて両端をキャンディーのようにねじりながらとめる。最後は玉むすびにするかゴムでとめてください。


(4) (3)をアルミホイルで包み、沸騰した鍋に入れて、もう一度沸騰させたら火を止め、蓋をして1時間余熱で火を通す。

(5) アルミホイルを取って粗熱が取れたら冷蔵庫で冷して完成!

・火を均一に通すために皮をはがすらしいのですが、私は皮が好きなのと面倒なので省略してます。が、ちゃんと火通ります!

・多少形がおかしくてもラップできつく巻いて火を通せばハムになってるので大丈夫。

・寝かせるときにブラックペッパーやハーブをかけても美味しいです。

ママのひとりごと  ~ママも飲むぞ!簡単おつまみへのこだわり~

おつまみを作るときはとにかく簡単にサクッと作る。をモットーにしています。理由は、自分も飲んで楽しみたいから!

例えば、普段の夕飯のハンバーグ晩酌おつまみハンバーグ

普段の夕飯ver.は玉ねぎを飴色になるまで炒めるし、ソースもちゃんと作ります。
一方おつまみver.は余ったひき肉で玉ねぎはレンチン、ソースはケチャップとウスターソース。とこだわりを減らしています。材料もできれば家にあるもの。

なので、このブログで紹介しているレシピは通常のレシピよりも簡単なものばかりでいろいろな工程を省略しています。本格的にこだわる料理も好きだけど、おつまみは簡単に!そして安ければ最高。

私と同じような忙しいママさん、おつまみを作るのは好きだけど手間はかけたくないという人、キッチンで作りながら飲みたい人など、のお役に立てればなんて思ってます。というよりみなさんと一緒に晩酌を楽しみたい思いの方がつよいかな。

これからも簡単レシピを研究していくので令和もよろしくお願いいたします~♪