肉系おつまみ

【豚の角煮】コーラ煮で簡単!失敗しない角煮作りのコツも解説

ママ
ママ
たなか(@tanaka.note)です。

今日はコーラで角煮を作ってみました!味付けはコーラと醤油。
コーラ自体の味はしませんが後味がコーラっぽく感じるかも。チャーシューっぽい味になります。

角煮を失敗させないコツコーラ煮でなぜお肉が柔らかくなるのかも合わせて解説しているのでよかったら最後までご覧ください~♪

コーラ角煮 材料

・豚バラかたまり肉 700g前後
・にんにく 3かけ
・しょうが(薄切り) 4~5枚
・酒 150ml
◯コーラ 500ml
◯醤油 100ml
◯ゆで汁 1カップ

コーラ角煮 作り方

  1. 豚バラ肉を鍋に入る大きさにカット(3等分くらい)して、フライパンで表面に焼き色が付く程度に焼く。あまり焼きすぎると硬くなるのでさっと表面だけ!
  2. 下茹用の鍋に豚バラ肉がひたるまでたっぷり水を入れて、にんにく、しょうが、酒も加え中火にかける。沸騰しアクをとったら弱火~中火で30分に煮込む。肉が外の空気に触れないようにするのがポイント。ゆで汁が少なくなったお湯を足す。
  3. 別の鍋に豚バラ肉としょうが、にんにくを移し、◯を加えて中火にかける。沸騰しアクを取ったら弱火にして落し蓋をし、30~1時間煮込む。
  4. 30分~1時間煮込んだら、落し蓋を取って火を強め、好みの程度まで煮詰めたら完成!

失敗なし!トロトロ角煮にするためのポイント3つ

角煮って作るとどうしても固くなる!パサパサ!臭くて油っぽい!など失敗しないためのコツをお伝えします!覚えてしまえば簡単です。

(1)表面に軽く焼き色を付ける
煮込む前にフライパンで表面を焼くことと旨味が逃げるのを防ぎます。さらに余分な脂を落とすこともできます。焼きすぎると固くなるので注意。

(2)脂をゼラチン化させる
弱火でコトコトじっくり時間をかけて30分~下茹でするとコラーゲンがゼラチン化し、トロトロの角煮になります。蓋をしないで煮るのもポイント。(80度くらいがゼラチン化する温度)

(3)肉をゆで汁から出さない
肉が下茹している間、ゆで汁から出て空気に触れると固くなる原因になります。どっぷりお湯の中に浸かっている状態がベスト。たっぷりのお湯で茹ででゆで汁が減ったらお湯を足しましょう。

なぜコーラ煮で肉が柔らかくなるのか

お肉はph値を酸性に近づけることで保水力が上がり柔らかくなります。
これは「マリネード処理」と呼ばれレモン汁、赤ワイン、清酒などに漬けるとお肉が柔らかくなるあの方法のことです。

「マリネード処理」はコーラなどの炭酸水でも可能です。
炭酸水も酸の溶液なので肉の繊維がほつれて柔らかくなります。調理中に炭酸が抜けちゃう!感じても液体自体は酸性なのでご安心を。

調理前、炭酸水に漬けておいたり『炭酸水しゃぶしゃぶ』にしてもお肉が柔らかくなり美味しく食べることができますよ。

パパ
パパ
「コーラ煮」で調べると焼いたり下茹をせず、すぐコーラでお肉を煮るレシピもあるのですが、かなり油っこくて臭くなるのであまりおすすめしませんー。(簡単だけどね)