レシピ

【サーモンのコンフィ】まるでお店の味!BONIQでホロリ感動食感

『サーモンのコンフィ』食べたことありますか?

BONIQを使えばお家で簡単に作れて、しかもお店の味がするんですよーー!!

生のようなしっとりさと、ホロホロ火が通った柔らか食感、

刺身と焼き魚の中間が味わえて不思議で美味しい〜!なにこれ〜!

そして、サーモンの脂とオイルを白ワインで流す。最高すぎます。

パパ
パパ
この食感が家庭料理とは思えないね。。

【コンフィとは】

食材をオイルで浸して、低温で煮るフランス料理の製法。

低温でじっくり時間をかけて煮るため、しっとりジューシーに仕上がるのが特徴。

柔らかくジューシーにするための下処理として、ブライン液(塩砂糖水)に45分浸します。

そして、40℃〜45℃で1時間程度低温調理。

40℃だと「刺身寄り」、50℃近いと「火が入ったサーモン」に仕上がるそうです。

今回は、42℃で1時間低温調理しました!

ソースはバジルソースにしましたが、そのままでも美味しいし、

オリーブオイルやわさび醤油、ほうれん草のピュレでも◎

ママ
ママ
刺身用のサーモンを使うので、BONIQを持っていなくても温度計があれば低温調理できますよ〜。

食べた人を感動させ、100%褒められるから、ぜひ作ってみてね〜!笑

参考:ほろほろ サーモンのコンフィ | BONIQ(ボニーク)公式低温調理レシピサイト

低温調理 サーモンのコンフィ 材料

【1〜2人分】

  • 刺身用サーモン 200g前後
  • オリーブオイル 大さじ2〜3くらい

【ブライング液】

  • 水 360cc
  • 塩 36g
  • 砂糖 18g

【バジルソース】

  • バジル 20〜25gくらいにんにく 1/2かけ
  • オリーブオイル 大さじ3
  • 塩 小さじ1/4
  • ブラックペッパー 少々

【BONIQ設定】

  • 42℃:1時間

BONIQ サーモンのコンフィ レシピ

  1. ブライン液の材料を混ぜ合わせたら、サーモンを浸し、冷蔵庫で45分漬け込む。
  2. ブライニングを終えたら、サーモンの水気を拭き取り、ジップロックに入れて、オリーブオイルも加える。
  3. BONIQが設定温度に達したら、1時間低温調理する。
  4. バジルソースは、材料をすべてフードプロセッサーに入れて回し、塩・ブラックペッパーで味を整えたら完成!
  5. 低温調理が終わったら、見た目はほとんど変わりませんが、ホロホロですぐ崩れるので注意!
  6. お皿にバジルソースと共に盛り付けたら完成!

ブライニングは、砂糖で水分を抱え、塩によって浸透&コーティングする効果があります。 

水・塩・砂糖、すべての効果が合わさって、しっとりジューシーに仕上がるのです◎

また、サーモンに均一な下味がつきます。

ブライニングする際は、菌の増殖を抑えるため、必ず冷蔵庫で漬け込んでください!